「裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル」-女子×STALKER’S WORLD=最強

  • 2021.01.20

大学生である紙越空魚(かみこしそらを)は自身が”裏世界”と呼ぶ空間で死にかけているところを仁科鳥子(にしなとりこ)と名乗る謎の美少女に助けてもらう。 空魚が死にかけていた原因はネットの怪異談にでてくる「くねくね」のせいであった。様々な怪異たちがはびこる”裏世界”を二人の女子が銃器片手に探索していく物語! 作品評価=★★(最大星★三つ) 何が起こるかわからない”裏世界”を探索……こういうの大好き! […]

「ペルソナ3」-ペルソナシリーズ入門にはこの作品

  • 2021.01.20

どうも、さわおです。今回は「ペルソナ3」の紹介をしていきたいと思います。 シリーズで迷ったらP3Pをプレイせよ! 「P3P」というのは2006年に発売したPS2用ソフト「ペルソナ3」に追加要素を入れ、PSPにて2009年に発売された作品です。アニメーションの削除などのデメリットもありますが、仲間への指示が出せるようになっていたり、主人公の性別を選べるようになったりしています。 なぜこの作品がシリー […]

PS版「真・女神転生」-超展開が続くダークな東京巡り

  • 2021.01.17

過去のゲーム作品をプレイしていると驚かされることがあります。 「こんな展開ってアリなんだ」とか「今じゃ倫理的に無理かもな」とか。 今年発売予定の「真・女神転生Ⅴ」に向けてシリーズを一通りやっておこうかと思い、PS版「真・女神転生」をプレイしたときもこのような驚きを何度もおぼえました。 あらすじ 主人公が不思議な夢から目を覚ますと公園で女子高生が殺されたという噂を聞く。町中に警察による非常線が張られ […]

【ネタバレ注意】PSvita「P4G Persona4 The GOLDEN」感想と紹介、アニメ「P4A」「P4GA」のことも

  • 2021.01.17

今、日本で一番勢いのあるゲーム会社はどこでしょう? 私はATLUSだと思います。 もちろん売り上げだけを見たら「あつ森」であったり、「ポケモン」であったり、ニンテンドースイッチのゲームが強いのですが、2019年に発売されたヴァニラウェア開発のADV最高傑作「十三機兵防衛圏」がATLUSから発売されたこと、そして、今まで三十年以上続いてきたATLUSの看板タイトルであるメガテンシリーズ最新作、「真・ […]

鬼平犯科帳を読んでます(一)【新装版と決定版の比較、感想など】

  • 2020.08.14

どうも、さわおです。 久しぶりに「日々の読書日記」のカテゴリーを更新するわけですが、最近、池波正太郎先生の作品、「鬼平犯科帳」を読んでおります。 知らない方のために説明しますと 江戸時代、幕府の特別警察「火付盗賊改方」の長官である長谷川平蔵。人呼んで「鬼の平蔵」が活躍する時代小説。 ですね、非常に大雑把ですが。 多くの人情が交差する様が非常に面白く、原作、TVともに長編シリーズとなったのも非常に頷 […]

「燃えよ剣」-稀代の喧嘩師、新選組副長・土方歳三の人生を描き出す!

  • 2020.08.06

「なあに、いずれは武士になるのさ」 武州多摩の百姓であった歳三は幕末の動乱に身を投じていく。 新選組の「鬼の副長」と呼ばれた人物ははどのような漢だったのか。友情、裏切り、そして、愛をとおして、一人の人間としての土方歳三を描き出す傑作小説。 作品評価=★★★(最大★三つ) 土方歳三の物語 「新選組」を題材にした作品をこの頃あまり見ないような気がしますね。少し前になると「壬生義士伝」のドラマ、映画だっ […]

「春にして君を離れ」-アガサ・クリスティーってやっぱりスゴイ。現代社会にもあてはまる家族間の問題を描き出す作品

  • 2020.07.31

ジョーン・スカダモアは理想的な主婦である。 弁護士である夫を支え、一男二女の子供たちを育て上げた。 バグダッドに住む次女バーバラが急病と知り、ジョーンは現地に向かった。幸いにもバーバラは回復したので、ジョーンはロンドンへと帰ることにする。 ジョーンは帰る途中の鉄道宿泊所で学友であったブランチ・ハガードと出会う。 老け込んだブランチを見て優越感に浸るジョーンであったが、そこから歯車が狂い始める。 汽 […]

【ネタバレ注意】「The Last of Us partⅡ」クリア後の感想をネタバレ全開で語りたい

  • 2020.07.20

2020年6月19日、PS3版の発売から7年ぶりのナンバリングタイトルである「The Last of Us PartⅡ」(以下ラスアス2)が発売となりました。 ラストオブアスがどのようなゲームなのかというのは、以前、私が書いた初代ラスアスの記事を見ていただけると嬉しいです。(本当はプレイしていただくのが一番ですが) 傑作「The Last of Us」についてネタバレ全開で語りたい というわけで、 […]

「極大射程」-狙撃手ボブのタフさに酔う エンターテイメント小説の傑作

  • 2020.05.17

ベトナム戦争にてスナイパーとして卓越した能力を発揮したボブ・リー・スワガーは、相棒の死と自身の負傷によって退役し、山奥にて隠遁生活を送っていた。 そこにアキュテック・インダストリーという会社の人間たちが訪ねてくる。その会社で作られた「アキュテック・スナイパー・グレード」という精巧に作られた弾薬に興味を持ったボブは、アキュテックの弾薬の試射に付き合うこととなる。 そのころ、FBIのニック・メンフィス […]

「コロナの時代の僕ら」-未来を、過去を、そして自分を見失いそうになったとき読みたい一冊

  • 2020.05.13

2020年、新型コロナウイルスが流行したローマにて、作家パオロ・ジョルダーノによって綴られた27のエッセイを一冊にまとめたエッセイ集。日本語版にはあとがきとして「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」を収録。 というわけで、今回はパオロ・ジョルダーノ先生の「コロナの時代の僕ら」を紹介していきます。 これは「エッセイ集」であって、専門家によるコロナ対策ハウツー本ではない いつだったか、 […]

1 8