2020年4月

「忍びの国」-時代小説初心者でも大丈夫、秀逸なエンターテイメント小説

  • 2020.04.29

今回、紹介する作品は和田竜先生の「忍びの国」です。 戦国時代、伊賀の忍「無門」は伊賀の国一の忍びであるが、怠け癖をもっており、武家の娘を妻にしようとするも稼ぎの無さをとがめられ、銭を稼ぐことに困窮していた。 そんな折、織田信長の次男である織田信雄はあることがきっかけで伊賀攻めを決意、重臣たちとともに策謀を練る。 しかし、それらは全て伊賀の忍びたちの謀略のものでもあった…… 織田、伊賀、そして無門の […]

「背の眼」-完全なホラーかと思いきや…上質なミステリー作品

  • 2020.04.27

ホラー作家である道尾は、旅先の白峠村で不気味な声を聞く。 恐ろしくなった道尾は急いで都心へと逃げ帰ったが、その正体が気になった彼は大学の同窓で「真備霊現象探求所」を営む真備庄介のもとを訪ねる。 話を聞いた真備は「背の眼」という文字が記されたファイルを道尾に見せる。そこには白峠村、あるいはその近くで撮影された写真がいくつか収められていた。そして、被写体の背中にはこちらを見つめる眼が。 その眼が背中に […]