その他日記

1/2ページ

パソコン到着まで休憩します

  • 2021.03.06

ブログ更新は4月のパソコン到着まで休みたいと思います! 4月以降ですが、本、ゲーム、映画など以外に「ゲーム制作日記」というカテゴリーを作る予定です。以前からやりたかったゲーム制作を本格的にしていこうかと思います。 YouTubeにも時期がくればあげる予定です。失踪しないように頑張ります。

netflix「THE CALL ザ・コール」の感想

  • 2021.01.29

THE CALL ザ・コール かつて住んでいた家に帰ってきたソヨン。彼女は携帯を失くしてしまい、家にある電話機を使うことになる。 その電話に着信があり、話を聞くと何か様子がおかしい。その着信自分より以前にこの家に住んでいた住人からの二十年前からの着信であった。 母親から霊媒という名の虐待を受けていたヨンスクにソヨンは一つの頼み事をする。 昔、母の火の不始末のせいで亡くなってしまった父を助けてほしい […]

ジャパニーズホラーゲーム最後の砦、エクスペリエンスの「心霊ホラーシリーズ」について語りたい。

  • 2020.01.16

どうも、さわおです。 今回は、ゲームメーカー、エクスペリエンスが開発の「心霊ホラーシリーズ」について綴っていきたいと思います。 いつも通り、ネタバレ注意です。   「心霊ホラーシリーズ」とは何ぞや。 「心霊ホラーシリーズ」とは、2017年に発売したPlayStation Vita用ソフト「死印」から始まるシリーズのことを指します。 「死印」発売後、2018年に続編となるPlayStati […]

香川県「ゲーム利用時間制限」について、20年以上ゲーム漬け人間が考えてみる。

  • 2020.01.12

どうも、さわおです。 Twitterのタイムライン上に#私の人生を変えたゲームというトレンドを発見したので面白いトレンドだなーと思い、多くの方々の思い出のゲームを楽しく拝見させていただきました。 しかし、何故このようなトレンドがあるのだろうと思い、調べてみると、香川県が県条例素案に「ゲーム利用時間制限」を盛り込んだというのが発端なのかなというところに行き当たりました。 具体的には高校生以下の子供が […]

【ネタバレ注意】ドラマ版「ウィッチャー」を観終わって思うところを色々と。

  • 2020.01.11

どうも、さわおです。 昨年の12月から配信された「ウィッチャー」、皆さん御覧になられましたでしょうか? いやはや、予想を裏切られる面白さでした。1話目からゲラルトを演じるヘンリー・カヴィル氏のアクションに心をわしづかみにされましたね。ブラビケンのマーケットでのソードアクションシーンはもう嫌というほど見返しました。 シーズン1の全8話、すべてにおいて見どころがあり、とても楽しく最後まで観ることができ […]

【ネタバレ無し】十三機兵防衛圏の内容を一切教えたくない件について。

  • 2020.01.09

ヴァニラウェア開発、アトラスより2019年11月28日に発売されたPS4用ゲームソフト「十三機兵防衛圏」好評発売中。 今すぐ買うべし!   今回は本当にこれだけです。ネタバレしたくないのです、いや、本当に。 では、また! (気になる方は体験版からはじめてみるといいかもですよ~)

【ネタバレ注意】ウィッチャーEnhanced Editionクリア 感想

  • 2020.01.05

どうも、さわおです。 以前の記事で、「年末年始はウィッチャー祭りだ!」というものを投稿したのですが、結果的に、 ・ウィッチャーEnhanced Editionクリア ・ウィッチャー Ⅰ エルフの血脈 読了 ・ドラマ版ウィッチャーシーズン1鑑賞 のみという物足りない感じとなってしまいました。 まあ……結構だらだらと、本当にだらだらとすごしてしまいましたね…… それでも、せっかくなので「ウィッチャーE […]

今回の年末年始は…

  • 2019.12.28

ウィッチャー祭します! まあ、一人祭なんですが。 今月からNetflixで配信されているドラマ版が意外に面白くて、ウィッチャーシリーズをはじめからやってみたいなと思ったのが理由です。 手始めにゲーム版の1.2.3をプレイ、日本語化されている小説を読む(ラストウィッシュの翻訳本求む)、漫画版を読む、ドラマを見直すなどして年越ししようという魂胆です。 ゲーム会社と原作者とのゴタゴタも解決したようですし […]

【ネタバレ注意】デスストでの余談、というか一番笑えたところ。

  • 2019.12.12

大した話ではないのですが、ツイートするのはネタバレになるし駄目だなあと思ったのでブログで。 シリアスな物語が続くデスストランディングですが、爆笑してしまったシーンがありました。 それは、ヒッグスとの一騎討ちの場面です。 今までの不平不満を言いながら殴りあうシーンも笑えたのですが、私のツボに入ってしまったのはその前、銃と縄の戦いのところです。 「棒(銃)と縄の闘いだ!」 みたいなことをヒッグスが言っ […]