読書感想文

1/5ページ

「書きたい人のためのミステリ入門」-書きたくなくても大丈夫! 「ミステリ」に対する初歩的な疑問に答える良書

  • 2021.07.06

「ミステリ」って何だろう? そんな素朴な疑問にミステリの傑作を紹介しながら答えてくれる、ミステリ入門者のための良書!   作品評価=★★★★(最大★五つ)   「いや、ミステリについて知りたいけど、別に書きたくはないなぁ……」という方にこそおすすめの本 突然ですが、ミステリ小説って読みたいと思ってもどの本を読むか選択するのって難しくありません? ネットのレビューサイトを見れば何 […]

「紗央里ちゃんの家」-夏休み、出迎えてくれた叔母さんの手は血に染まっていました……ダークでサイコなぼくのなつやすみ

  • 2021.06.28

小学五年生の「僕」の家族は夏休みになると親戚の家に行くことが決まりになっていた。ある事情から今回は「僕」と父の二人で家を訪れたのだが、何か様子がおかしい。 数カ月前に死んだ祖母、消えた従姉の紗央里ちゃん、手を血で汚した叔母さん、そして、家の中に漂う異臭。 そして、「僕」は見つけてしまった。 洗面所の床に転がっている「指」を。   作品評価=★★(最大★五つ)   小学五年生の「 […]

「ダーティホワイトボーイズ」-脱獄囚たちと、それを追う一人の警官。700ページあるということを忘れさせる極上エンタメ!

  • 2021.02.15

マカレスター重犯罪刑務所の囚人であるラマー・パイは己の悪党としての力を使って刑務所に君臨していたが、ある出来事により刑務所にいられなくなってしまう。脱獄を決断したラマーは、いとこのオーデル、そして、自分が庇護しているリチャードと共に刑務所を脱獄し、それに成功する。 ハイウェイパトロールの巡査部長であるバド・ピューティは職務を果たすため相棒のテッドとパトロールを開始するが…… 息の詰まるような緊張感 […]

「図説アーサー王物語 普及版」-非常にわかりやすい文章、アーサー王に関する物事まるわかり!

  • 2021.02.02

今回紹介するのはアンドレア・ホプキンズ先生の作品であり、山本史郎先生訳の「図説アーサー王物語 普及版」です。 多くのゲーム、アニメ、映画に登場する「アーサー王」とは何者なのか。そもそもアーサー王のことを記した書物は? この本は挿絵を織り交ぜながら、アーサー王と円卓の騎士の物語をわかりやすく語りかけてくれる。 アーサー、エクスカリバー、ラーンスロット、カメロット……、名前は知っているのにそれが何を意 […]

「闇の自己啓発」-価値観を揺さぶられすぎて脳震盪を起こしそうです……。四名による濃密すぎる読書会

  • 2021.01.25

文章やイラストなどを配信できるサイト「note」にて連載中の「闇の自己啓発会」の内容を書籍化。ダークウェブ、中国、AI……、闇の自己啓発会のメンバー四人による、濃密、あまりにも濃密な読書会を記した作品。 作品評価=★★(最大★三つ) 「闇の自己啓発」とは? 今回紹介するのは江永泉先生、木澤佐登志先生、ひでシス先生、役所暁先生の作品「闇の自己啓発」です。 自己啓発というものに全く興味が無い、というか […]

「裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト」-空魚と鳥子の活躍に胸躍る第二巻

  • 2021.01.22

ネットロア(インターネット上で流布される都市伝説)で登場する怪異や多くの罠が存在する世界”裏世界”。 米兵脱出大作戦、裏世界浜辺でのバカンス、忍者ネコにカラテカ? 多くの危険が待ち受ける裏世界を特殊な目を持つ空魚と特殊な手を持つ鳥子は今回も銃器を片手に探検していく。 作品評価=★★★(最大★三つ) 多くの点で一巻よりパワーアップした今作 今回は、宮澤伊織先生の作品、「裏世界ピクニック2 果ての浜辺 […]

「裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル」-女子×STALKER’S WORLD=最強

  • 2021.01.20

大学生である紙越空魚(かみこしそらを)は自身が”裏世界”と呼ぶ空間で死にかけているところを仁科鳥子(にしなとりこ)と名乗る謎の美少女に助けてもらう。 空魚が死にかけていた原因はネットの怪異談にでてくる「くねくね」のせいであった。様々な怪異たちがはびこる”裏世界”を二人の女子が銃器片手に探索していく物語! 作品評価=★★(最大星★三つ) 何が起こるかわからない”裏世界”を探索……こういうの大好き! […]

「燃えよ剣」-稀代の喧嘩師、新選組副長・土方歳三の人生を描き出す!

  • 2020.08.06

「なあに、いずれは武士になるのさ」 武州多摩の百姓であった歳三は幕末の動乱に身を投じていく。 新選組の「鬼の副長」と呼ばれた人物ははどのような漢だったのか。友情、裏切り、そして、愛をとおして、一人の人間としての土方歳三を描き出す傑作小説。 作品評価=★★★(最大★三つ) 土方歳三の物語 「新選組」を題材にした作品をこの頃あまり見ないような気がしますね。少し前になると「壬生義士伝」のドラマ、映画だっ […]

「春にして君を離れ」-アガサ・クリスティーってやっぱりスゴイ。現代社会にもあてはまる家族間の問題を描き出す作品

  • 2020.07.31

ジョーン・スカダモアは理想的な主婦である。 弁護士である夫を支え、一男二女の子供たちを育て上げた。 バグダッドに住む次女バーバラが急病と知り、ジョーンは現地に向かった。幸いにもバーバラは回復したので、ジョーンはロンドンへと帰ることにする。 ジョーンは帰る途中の鉄道宿泊所で学友であったブランチ・ハガードと出会う。 老け込んだブランチを見て優越感に浸るジョーンであったが、そこから歯車が狂い始める。 汽 […]

「極大射程」-狙撃手ボブのタフさに酔う エンターテイメント小説の傑作

  • 2020.05.17

ベトナム戦争にてスナイパーとして卓越した能力を発揮したボブ・リー・スワガーは、相棒の死と自身の負傷によって退役し、山奥にて隠遁生活を送っていた。 そこにアキュテック・インダストリーという会社の人間たちが訪ねてくる。その会社で作られた「アキュテック・スナイパー・グレード」という精巧に作られた弾薬に興味を持ったボブは、アキュテックの弾薬の試射に付き合うこととなる。 そのころ、FBIのニック・メンフィス […]

1 5