読書感想文

4/5ページ

15冊目・ハプスブルク帝国

  • 2019.10.06

どうも、さわおです。 前回の投稿からかなり時間が空いてしまいましたね。   今回、紹介するのは、岩崎周一先生の「ハプスブルク帝国」です。 中世から第一次世界大戦まで、ヨーロッパで権威を誇った王家であるハプスブルク家。 その約1000年の歴史を真正面から「学問」として読み解いていく。 作品評価=優 ハプスブルク家って何なのさ? 私は歴史通とは言えませんが、それなりに歴史は好きな方だと思いま […]

(ネタバレ注意)14冊目・三体

  • 2019.07.13

どうも、さわおです。 今回、紹介する本は劉慈欣(りゅう・じきん)先生の「三体」です。 中国、1967年。文化大革命の真っただ中、葉文潔(イエ・ウェンジエ)は父が批判対象としてリンチに遭い殺されるのを目撃する。 その後、彼女は辛い日々を送っていたが、あるきっかけにより、中国共産党委員会直属の極秘基地「紅岸基地」へ入ることになる。その基地が何のための基地であるかも知らずに…… それから約40年後、ナノ […]

(ネタバレ注意)13冊目・死印

  • 2019.07.03

どうも、さわおです。 今回紹介する本は、エクスペリエンス原作・雨宮ひとみ先生著の「死印」です。 「呪いの痣」の噂、知ってる? 巷で噂の怪談話、その痣をつけられたものは死ぬ。   男は館の前に立っていた、自分の素性や名前を忘れて。 館の中に入るとそこには、女性の死体、そして、言葉をしゃべる人形。男の腕に刻まれた「痣」が疼く。 自身のことをメリイという人形は、その男に宣告する。 「あなたは本 […]

12冊目・人間臨終図巻1

  • 2019.07.03

どうも、さわおです。 今回、紹介するのは、山田風太郎先生の「人間臨終図巻1」です。 あの芸能人は、あの武将は、あの英雄は、あの犯罪者は、いつ、どのようにして死んだのか? 死んだ年齢順に並べられた老若男女の死に様。すこし、覗いてみてはいかがか? 作品評価=優 死を真正面から淡々と見つめる良書 よくある話ですが、人は子供のころ、物心ついた時に「死」というものに過度に恐怖することがあります。実際、私もそ […]

(ネタバレ注意)11冊目・[映]アムリタ

  • 2019.06.30

どうも、さわおです。 今回、紹介する作品は野崎まど先生の「[映]アムリタ」です。 井の頭芸術大学の役者コースを専攻している二見は、以前から気になっていた女性、同学年の画素から一緒に映画を撮らないかと声をかけられる。 二つ返事で了承した二見は画素から、これから撮る映画の絵コンテを渡される。その作成者は監督である”天才”最原最早であった。 家に帰った二見がその絵コンテに目をとおすと…… 作品評価=優 […]

(ネタバレ注意)10冊目・許されようとは思いません

  • 2019.06.28

どうも、さわおです。 今回紹介する作品は芦沢央先生の「許されようとは思いません」です。 芦沢央先生といえば「火のないところに煙は」が有名ですよね。以前、こちらのブログでも紹介しました。 2冊目・火のないところに煙は いやはや、怖い作品でしたね。もともとホラーは書かれない方のようですので、ぜひともまた書いてほしいものです。 そして,「許されようとは思いません」はそんな芦沢央先生の書かれた5編の短編集 […]

(ネタバレ注意)なろう1冊目・転生したらスライムだった件1

  • 2019.06.17

どうも、さわおです。 今回から普通の読書感想文とは別にWeb小説出身専門のカテゴリーを設けることにしました。 理由は長くなるので割愛します。まあ簡単に言うと興味があったので、これから読んでいこうと思ったからです。   では、早速書いていきましょう。 今回、紹介する本は伏瀬先生の「転生したらスライムだった件」です。   普通の人生を送っていた、37歳独身の三上悟は路上で通り魔に刺 […]

(ネタバレ注意)9冊目・死に山 世界一不気味な遭難事故≪ディアトロフ峠事件≫の真相

  • 2019.06.01

どうも、さわおです。 今回、紹介する本はドニー・アイカー先生の「死に山 世界一不気味な遭難事故≪ディアトロフ峠事件≫の真相」です。   1959年のソ連・ウラル山脈で遭難事故が発生した。 遭難した登山チームは全員死亡。その遺体には不可解な点が多く発見された。極寒のテントの外で靴を履いていない。衣服もろくに着ていない。3人には重度の外傷、メンバーの1人の舌は消失していた。そして、衣服からは […]

8冊目・炎と氷の歌1 七王国の玉座

  • 2019.05.21

どうも、さわおです。 Twitterのタイムラインを確認……無い。 YouTubeの急上昇……無い。 Yahooニュース……無い。   おーい!「ゲームオブスローンズ」の最終回ですよ!! シーズン8まで続いたこのドラマもとうとう最終回、いやー…… いやいや、待って!! 絶対ネタバレしないから安心して!!!   しかし、長いシリーズの海外ドラマを最後まで見るというのは初めてかもし […]

7冊目・銀河英雄伝説1 黎明篇

  • 2019.05.19

  どうも、さわおです。 何か、がっつり読める本ないかなーと思い、ネット通販で探していたところ「おお、この本はいつか読んでみたかった!」という本を見つけました。 それが、田中芳樹先生の「銀河英雄伝説」シリーズです。 宇宙歴796年。帝国ゴールデンバウム朝と民主主義を掲げる自由惑星同盟は150年に渡る惰性的な抗争を続けていた。 そのようなときに二人の若者が現れる。 帝国では、元は下級貴族な […]

1 4 5