Unreal Engine 4でゲームを作ろう!#0【適当に遊んでみるの巻】

Unreal Engine 4でゲームを作ろう!#0【適当に遊んでみるの巻】

どうもGYUUです。

いつもは「さわお」という名前でやっていますが、ゲームのアカウントやツイッターなどでは「GYUU」という名前を名乗っていますので、この「ゲーム制作」のカテゴリーにつきましてはGYUUという名前を使っていきます。

注文して一か月ほど待ち、ようやくPCが届きましたので早速、念願のゲーム制作を開始するぞ! ということになりました。

使うエンジンはUnreal Engine 4です。EPIC社から基本無料で手に入れることができるゲームエンジンです。

インストールをして、さて、何か作ってみたいなと思い、なぜか知らないですが「砂漠を旅するゲーム」を作りたいと思いました。

サードパーソン(三人称)視点のゲームにしようと思いまして設定をサードパーソンでプロジェクトを開始! すると

こんな感じの画面が出てきました。サードパーソンのテンプレートですね、多分。

Unreal Engine 4の凄いところはこの状態からすぐにキャラクターを操作できるところです。試しにプレイボタンを押してみると、視点移動、キャラクターの移動、ジャンプなどのアクションがすでにできるようになっています。わざわざキャラクターの造形から考えなくていいんですね。

適当に動かして遊んだ後、「よし! 砂漠を作ってみよう」ということでマーケットから砂漠っぽいものが作れるようなコンテンツをチョイス。やり方がわからないけど、まあ、マテリアルに適当に突っ込んでおけば何とかなるだろうというひどい考えのもとできたのがこちら

「出来ているのか……?」

左上の警告文のようなものが気になりますが、「まあ、いいや」ということで、「ランドスケープ」という機能を使い、地形を変えることにしました。するとこうなった

「……うん」

ここまで来てようやく私は気づきました。

「適当にやってできるものではないな」と。(当たり前です)

実はPCが来る前にこらえ性のない私はこのような本を買っていたんです。

「じゃあこれ見てやれよ!」と突っ込まれそうですが、まあ、最初ですからね、ちょっと何も考えずに遊んでみたいじゃないですか。

というわけで、今日から毎日コツコツとゲーム制作をしていきたいと思います。進展がありましたらこちらのブログにも書いていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!